雨具につくにおいの原因は?

雨具には、防水透湿性の素材が作られるようになりました。
以前は防水の機能に優れていても、透湿性がないことから蒸れが激しく、大変不快なものでした。
この部分を解決した防水透湿性の素材を用いた今の雨具は、快適な使用感で支持を得ています。
価格的にもかなりリーズナブルになってきました。
透湿性のない防水性のみの素材を使った雨具と、防水透湿性の素材を使った雨具が、大して値段差がないこともあります。求めやすいものとなりました。
しかしこの防水透湿性の雨具であっても、においは気になるようになります。
これは汗や肌から出る脂質などが雨具の生地に付着もしくは吸収され、そこに菌が繁殖することで腐敗する、園においです。
「部屋干しの洗濯物」「体操服」「靴下」「靴」、これらのにおいが不快という話はよくありますが、これと同じ原因でにおいが発生しているのです。
この悪臭を断つためには、根本的な解決法しかありません。
菌を殺すということです。
まず洗い流すことも必要ですが、菌が残っていると、再び繁殖して悪臭を放つ原因となります。
洗濯物が洗ったにもかかわらずにおう時があるのは、洗濯しても残った菌が、水分があることで再び繁殖し腐敗させることが理由です。
このようなケースと同様に、雨具を洗っても臭いが落ちないということもあるのです。
悪臭を消し去るには、マスキングの方法はおすすめしません。
他の香りで悪臭を誤魔化すという方法ですので、根本的な解決にはなりません。
除菌効果を持っている消臭剤や除菌剤などを用いて、菌を根こそぎ排除することに努めましょう。
また使わないときの保管には、脱臭剤を一緒に入れておくことも有効です。
長靴のようにマメに洗えないものは、除菌剤を振って、その後脱臭剤や乾燥剤などと一緒に保管するとよいでしょう。
湿気をできるだけ早めに取り除くことも、悪臭の防止になります。
しかし、そのように除菌と乾燥に心がけても、悪臭が消えなくなってくるものです。
雨具裏側にあるメッシュにこのにおいの発生元でもあり、この部分から悪臭が除去できなくなってしまうのです。
このような場合には、メッシュ部分を取り去ってしまうというのも効果はあります。
繁殖場所を除去してしまう方法です。
デザイン性の優れた雨具の場合には、極力避けたい方法ではありますが、一定の効果は望めます。
防水生地の裏面にある防水コーティングが剥げてきたら、その雨具自体の寿命です。
悪臭がなかったとしても、防水効果は激減していますので、買い替えの時機到来と理解しましょう。