便利な折り畳み傘といっしょに便利な傘ケース

最近ではゲリラ豪雨など急な雨に見舞われる事も少なくありません。そのため折り畳み傘を常に携帯している人も多いのではないでしょうか。持ち運びに便利な折り畳み傘ですが、いったん使用してしまうとその後の扱いにいささか困ってしまいます。タオルなどで水気を払ったつもりでもカバンの中に入れてしまうと荷物は濡れてしまいます。だからといって手に持って歩くのでは煩わしい上に、電車の中など人の密集した所では他の人の迷惑になってしまいます。
こうした場合に便利なのが傘ケースです。折り畳み傘に付属している物もありますが、あまり防水性が高いとはいえません。そのため別に購入する人が増えています。どのような種類があるのか見てみましょう。
まずはビニール製のボディで開口部にチャックがあり、折り畳み傘を密封状態にして収納するタイプです。防水性は勿論、強度にも問題が無く傘の水分を軽く払うだけで手軽に収納できます。防水性や密封度は高いのですがその反面、一度濡れた傘を入れてしまうとケースを乾燥させにくいという点がやや問題といえます。再び使用する前に水気を切っておくと良いでしょう。
防水だけでなく、中には傘の乾燥を手助けしてくれる物もあります。ケースの内側に吸水力の高いマイクロファイバー素材を取り付けたタイプです。その吸水力の高さからタオルやバスマットなどに利用されているマイクロファイバーを内側にヒダ状に取り付ける事によって、濡れた傘を収納しても素早く水分を吸収してくれます。開口部がファスナータイプの物が多く傘の出し入れが容易なうえに、裏返す事もできて密封収納タイプよりも乾燥がさせやすい点が魅力的です。またカバンの濡れたところを拭くなどタオル代わりにして使う事もできます。ただしヒダ状のマイクロファイバー素材に厚みがあるためにややかさばってしまいます。
上記のようにカバンに収納するのではなく、カバンの取っ手に取り付ける外付けタイプの傘ケースもあります。かばんの外側に取り付けるので、万が一水漏れしたとしても荷物が濡れてしまう事もありません。何よりも魅力的な事はカバンの中が荷物でいっぱいでスペースが無いという場合でも使用できるという点です。こちらも開口部がファスナータイプの物が多く傘の出し入れが容易ですので、いちいちカバンにしまうのが面倒という人にもおすすめといえるでしょう。
折り畳み傘の利用機会が増えている今、便利だからという理由だけでなく、マナーとしても傘ケースを使用してみてはいかがでしょうか。